銀行は庶民の味方? > 創立120年を迎える紀陽銀行 > 紀陽銀行の使い方

創立120年を迎える紀陽銀行

紀陽銀行の使い方

紀陽銀行は、和歌山銀行と合併してから和歌山では利用者が非常に多くなり、預金、貸出残高ともに県内では高い比率を保っています。個人、会社ではメインバンクとして取引を行うところが多く見られます。紀陽銀行は地方銀行であっても、銀行サービスにおいては充実しています。

紀陽銀行の業務内容としては、預金業務、貸出業務、有価証券売買業務、投資、為替業務などを行っているので、利便性のよい銀行です。預金においては、家計の管理に便利な普通預金と定期預金の機能をもつ総合口座があります。土、日、祝日の買い物でも利用できるデビットカードが使えるようになります。

紀陽銀行は、定期預金の残高の90パーセント以内であるなら、最高200万円まで自動融資が可能です。また、いつでも有利な利息率で現金の出し入れができる貯蓄預金などといった目的に合わせた預金が充実しています。

紀陽銀行では、紀陽銀行のATMのほか、キャッシュカードを使って、いつでもローソン、セブンイレブンのコンビニATMが利用できます。ATMサービスによるATM手数料は、コンビニATMでの預入、現金引き出しにおいて平日、日中の利用は108円が必要です。

ただし、紀陽銀行のインターネット支店を利用した場合、ATM便利機能として、ローソン、セブンイレブンなどのATM利用料無料となるサービスが利用できます。

さらに、紀陽銀行は地方特有の不利な環境にあっても、最新情報の取得やサービスの新しい提供に努めています。各支店の窓口では、地域にあった借りやすい条件を設定し、利用限度額などにおいても利用しやすい住宅ローンやカードローンといったサービスが提供されています。このように紀陽銀行は、和歌山においてサービスの高さが評判です。

清水エスパルスのスポンサー清水銀行

創立120年を迎える紀陽銀行

日本の三大地銀の静岡銀行

シルバー向けサービスが充実した富山銀行

インターネットサービスが充実した北都銀行

お得なポイント特典がある徳島銀行

Copyright(C) 2017 銀行は庶民の味方? All Rights Reserved.