銀行は庶民の味方? > 日本の三大地銀の静岡銀行 > 静岡銀行の外貨預金と投信信託

日本の三大地銀の静岡銀行

静岡銀行の外貨預金と投信信託

低金利時代が続く中において資産運用が難しくなっていますが、静岡銀行では、銀行利用者や顧客の資金づくりに役立つサービスを提供しています。この銀行では、資金づくりとして効果が期待できる金融商品や投資商品があります。

静岡銀行では、多くの人が利用する生活口座の普通預金がありますが、この口座では利息があまりつかないため、金利のよい定期預金の口座を開いて貯蓄を行う人がたくさんいます。

定期預金は、銀行預金の中でも金利がよいため、長く預けるほど、利息がつくようになるといったメリットがあります。静岡銀行の定期預金には、しずぎんインターネット支店があります。この支店で口座を開いて預金を行うと、店頭よりも定期預金金利が高くなることから、資産運用に効果があります。

また、静岡銀行では、外貨預金でも資金づくりの効果が期待できます。外貨預金の場合、海外でドル建てによる預金を行うため、日本で預金を行うよりも高い金利による利息が得られることが特徴です。外貨預金では、為替による利益も期待できるようになることから、外貨普通預金などを利用する人が増えています。

静岡銀行の投資では、投資信託を活用した資金づくりが行えるようになりました。投資信託は預金とは違い、元金の保証はありませんが、投資によって預金よりも効率よく利益を得ることができる方法です。投資信託では、長く行うほど、効果が期待できるため、静岡銀行を利用する人の中には、投資信託を資産運用として利用する人がいます。

この方法では、定期預金で同じ期間を預けたときよりも、利益が大きくなるといったメリットがあります。静岡銀行の投資信託は、地元住民にとって投資を身近なものとしてくれます。いつも利用している支店で行う投資信託は、抵抗感を少なくする効果があります。

清水エスパルスのスポンサー清水銀行

創立120年を迎える紀陽銀行

日本の三大地銀の静岡銀行

シルバー向けサービスが充実した富山銀行

インターネットサービスが充実した北都銀行

お得なポイント特典がある徳島銀行

Copyright(C) 2017 銀行は庶民の味方? All Rights Reserved.