銀行は庶民の味方? > インターネットサービスが充実した北都銀行 > 北都銀行の積立投資信託の内容

インターネットサービスが充実した北都銀行

北都銀行の積立投資信託の内容

北都銀行には、投資で資産形成を考える人に便利な金融商品があります。この銀行の投資信託には、NISA口座とジュニアNISAを活用した毎月定額ではじめられる投資信託があります。

NISAは非課税口座であり、非課税投資枠は平成35年までで毎年120万円が上限です。最長5年間で最大600万円までが非課税投資枠であるため、北都銀行のNISA口座を開設して投資信託を活用する場合、長期投資によって効率よく利益が得られます。

また、北都銀行では積立投資信託を活用した投資商品を提供しています。これは、価格が変わる株式や投資信託などの価格変動商品を一定額で買っていく投資方法です。この方法では、ドルコスト平均法の活用により、分割して継続的で定期的に長く平均購入を行います。この方法では、基準価格が安いときは口数を多く買い、基準価格が高いときは少ない口数を買います。

積立投資信託は、一括投資に比べて平均購入単価が低くなる効果があるため、安定的に利益を得ることも可能です。購入価格も低く、投資リスクの少ない方法として、はじめての人でも無理なく運用できます。

そして、北都銀行の積立投資信託には、定時定額購入サービスもあります。このサービスは毎月5,000円から投資できます。少額投資として短期的に多額の投資金を失うことがないことから、心理的な負担が減らせることが特徴です。そのことから投資ストレスが少なく、初心者でも気軽にはじめられる投資方法です。

現在、北都銀行では「NISADe積立投信キャンペーン」が行われています。このキャンペーンではQUOカード500円分のプレゼントが行われるなど、はじめて投資を行う人の関心を惹きつけています。

また、普通預金口座があるなら、パソコンからインターネットを使ってインターネット投資信託を行うこともできます。インターネット投資信託の場合、購入や解約、取引照会や運用状況の確認、取引口座の開設も可能です。そのことから24時間いつでも利用できるサービスです。

インターネット投資信託は、パソコン限定のサービスです。パソコンが使える場所であるなら、どこでも財産管理やファンド選びなどが容易に行えます。

清水エスパルスのスポンサー清水銀行

創立120年を迎える紀陽銀行

日本の三大地銀の静岡銀行

シルバー向けサービスが充実した富山銀行

インターネットサービスが充実した北都銀行

お得なポイント特典がある徳島銀行

Copyright(C) 2017 銀行は庶民の味方? All Rights Reserved.